外資の英語面接 当日の心得 英語面接の当日 直前 すると良いこと 履歴書 推薦状 教育機関終了認定書 コピー 面接会場 身だしなみ 最終チェック 待合室での態度 オフィスの雰囲気


スマホ・タブレットでオンライン英会話できるスクール

スマホ対応DMM英会話 DMM英会話 スマホ対応レアジョブ レアジョブ スマホ対応ビズメイツ ビズメイツ スマホ対応ベストティーチャー ベストティーチャー スマホ対応ラングリッチ ラングリッチ
スマホ対応hanasohanaso スマホ対応産経オンライン英会話 産経オンライン スマホ対応ぐんぐん英会話 ぐんぐん英会話 スマホ対応EnglishTown イングリッシュタウン スマホ対応ワールドトーク ワールドトーク


▼ 外資の英語面接 当日の心得


外資系企業での英語面接当日に、あなたがすると良い5つのことについてお話ししましょう。


▼  履歴書のコピーを持参する

面接の当日には、履歴書のコピーを持っていきましょう。
もし、紹介者からの推薦状や教育機関の終了認定書などがあれば、そのコピーも持参しましょう。



▼  30分前に面接会場近辺に到着する

面接時間の30分前に面接会場のある場所近辺に到着しておきましょう。
面接時間に余裕を持つことで、リラックスした気持ちで面接に臨むことができます。



▼  待合室での態度に注意する

面接は、会場に着いた時から始まっています。待合室でスマホを見たり、おしゃべりをしたり、鏡を見たりなど、マナー違反になることをしないように気をつけましょう。
面接のあと、面接官は受付係や秘書にあなたの態度について尋ねるかもしれません。その人たちの意見も評価に加えられるのです。退出する時は、ていねいに親しみを込めてあいさつするようにしましょう。



▼  身だしなみの最終チェック

面接が始まる前にトイレに行き、鏡を見ながらヘアースタイル、服装、メイクアップなどを整えましょう。
男性の場合、ネクタイを締め直して、結び目が襟元に見栄えよくおさまっているか確かめましょう。



▼  オフィスの雰囲気をうかがう

面接を待っている間に、待合い室周辺の様子をうかがって、オフィスの雰囲気をつかむようにします。
静かな職場なのか、バタバタと忙しい職場なのか、観察すれば、その会社で働きたいと思うか、そうでないかがわかってくるものです。



▼ 外資の英語面接 当日にしたい5つのこと  おさらい

     
  1. 履歴書のコピーを持参する
  2.  
  3. 30分前に面接会場近辺に到着する
  4.  
  5. 待合室での態度に気をつける
  6.  
  7. 身だしなみの最終チェック
  8.  
  9. オフィスの雰囲気をうかがう


リクルートエージェント人気サポート

recruit-agent エージェントレポート
全国に広がる 相談拠点
業界最多(13万件) 求人情報
レジュメNavi (経歴書作成ツール)

新着! 
求人情報
 北海道エリア    東北エリア    関東エリア    中部・東海エリア
  関西エリア    中国・四国エリア    九州・沖縄エリア    海外 

.



▼ 転職支援エージェント

転職エージェントのメリット

エージェント名 リクルートエージェント DODA PASONA
求人数 4,200 2,000 1,500
非公開求人数 look53,000 20,000 14,000
年収UP率 66.3% 非公開 67.1%
雇用形態 正社員 正社員 正社員
得意職種 オールジャンル オールジャンル オールジャンル
拠点 17 10 look46
対応地域 全国 全国 全国
社員数 1,252 3,120 4,657
公式サイトURL http://www.r-agent.com/ http://doda.jp/

http://www.pasonacareer.jp/

   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  

  >>転職エージェント 一覧<<



▼ 検索型 「求人サイト」

正社員・契約社員 専用 求人サイト 派遣社員 専用 求人サイト
  はたらいく
  とらばーゆ
  リクナビNEXT
  リクナビ派遣
  テンプスタッフ
  インテリジェンスの派遣
  ヒューマンリソシア