▼ リクルートエージェントのPDTにログインしてできること

recruit-agent-pdt

パーソナルデスクトップ(Personal Desktop:略名PDT)とは?

リクルートエージェントには、 パーソナルデスクトップPersonal Desktop:略名PDT)という、リクルートエージェント専用マイページがあります。

この パーソナルデスクトップを 開設して、マイページログインできるようになると、 転職成功に欠かせないリクルートエージェントの 「人気ツール」 がいつでも好きな時に Web上で利用できるようになります。

また、担当キャリアアドバイザー(CA) との連絡や、提出したい書類のやりとりも、いちいち本社・支社に行く必要なく、このマイページひとつですむようになります。

大変便利なシステムです。

Personal Desktop

転職活動をしている忙しい人にとっては、 この パーソナルデスクトップ (PDT)を使いまわすことで、人気の高い企業への転職活動をかなり有利にすすめることができるようになるはずです。


▼ ログインできない時の解決法、リクルートエージェント登録時の注意点


このパーソナルデスクトップにログインして、リクルートエージェントの人気サポートを利用するためには、リクルートエージェントの公式ページでオンライン登録(無料)をするわけなのですが、

この登録時にはいくつか注意したほうがよい大事な点があります。

ここでは、その注意点について、オンライン登録の手順にそってお話ししていきます。



まず、 「リクルートエージェント」の公式ページから

 をクリックすると、
下図のような【転職支援サービスお申し込み】 画面が出てきます。
   
application

この画面での注意点はまず、「入力再開キー」の項目です。


※ 注意点 1 : ログインできない

登録作業をしている人のなかには、ときどき「ログインできない」と困ってしまう人がいるようです。

リクルートエージェントのオンライン登録には、登録中にいったん中断して
「後から入力を再開したい」というときに利用できる、【10日間の一時保存機能】がはたらいています。


この画面で入力(登録)する「入力再開キー」は、登録作業をいったん中断したときに、この機能を解除して、再び登録画面にログインするとき必要になる「パスワード」です。


登録を中断しても、10日間のうちに、この「入力再開キー」でログインすれば、登録の続きから再開することができます。

ただ、ときどきこの「入力再開キー」を失くしてしまった場合、どうやっても、登録画面にログインできないという困ったことになります。


※ この入力再開キーは、登録してから10日間は、どこかに控えておくようにしましょう。

※ 万が一、失くしてしまったら、10日すぎれば、再び登録ができるようになります。 10日以降であれば、入力した情報は消えてしまいますので、「入力再開キー」は不要となり、改めて最初から、【転職支援サービス申込み】 手続きができます。



※ 注意点 2 :現在の職種

現在の職種」 の項目は、 大分類 → 中分類 → 小分類 と職種が細かく限定されていきますが、
ここであなたが選んだ職種で、あなたを担当するCA(キャリアアドバイザー)が決まります


この最初の登録で的外れな職種を選択すると、
あなたが希望する業界にさほど詳しくない、他の分野のCAが担当になってしまい、あなたが本当に希望する職種の情報・サポートが充分に得られないということにもなりかねません。

ここでは、慎重に職種を選ぶようにしてください。
※ ただし、どうしても担当CAが気に入らない場合は、後から変更することも可能です。


   


agreement ボタンをクリックすると、

下図のような 【プロフィール】 ページにいきます。

profile

career
english skill


※ 注意点 3 

ここで注意すべきは、”英語力”です。


語学レベル】 の欄には


 ネイティブレベル: 母国語、もしくは母国語とほぼ同等に使用できる

 ビジネスレベル上級: 単独での複雑な商談・交渉等、ビジネス上全く支障なく使用できる

 ビジネスレベル中級: オフィスの公用語として日常のコミュニケーション・業務遂行をほぼ支障なく使用できる

 ビジネスレベル初級: Eメールや会議への参加等、ビジネス使用経験があるが会話はやや自信がない

 簡単な会話レベル: 簡単な会話や旅行での利用が可能。

 なし

と英語レベルを6段階の中から選んで自己申告する欄があります。

※ ここでは、どんなに英語ができないと思っていても、 【なし】 を選択しないこと。

皆さんは、中学や高校で英語を学んできたのですから 【なし】 であるはずはありません。 どんなに英語が苦手で、英語は話せないと思っていても、最低でも 【簡単な会話レベル】 を選択しましょう。



※ 注意点 4 
 なかには、ビジネスレベル初級】 か 【ビジネスレベル中級】 か、迷う人も多いかと思います。

【ビジネスレベル初級】 の条件を読むと、「会議の参加」、「ビジネス使用経験」と書いてあります。

でもこれって上級レベルですよね。

むしろ、【ビジネスレベル中級】 の条件の方が

日常コミュニケーション
業務遂行をほぼ支障なく使用できる

となっているので、初級の条件よりむしろ簡単な感じがします。

ここは、言い回しのトリックに惑わされずに、
日常会話ができる人なら、躊躇なく 【ビジネスレベル中級】 を選んでおきましょう


外資系での英語力」 でも書きましたが、 英語力は仕事で使って初めて上達していくものです。

英語に対して強気の姿勢でいきましょう


   


全ての項目を満たしたら、内容を確認して、【登録】 をクリックします。

これで無料登録の手続きは完了です。
おつかれさまでした。

recruit-agent リクルートエージェント公式サイト
http://www.r-agent.com/



リクルートエージェント人気サポート

recruit-agent エージェントレポート
全国に広がる 相談拠点
業界最多(13万件) 求人情報
レジュメNavi (経歴書作成ツール)



リクルートエージェント 会社情報

リクルートエージェント
公開求人数 19,896件(2015年11月時点)
非公開求人数 114,237件(2015年11月時点)
利用料金 無料 (採用決定時に企業から成果報酬を得る仕組み)
会社名 株式会社リクルートキャリア
本社所在地 〒100-6640 東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
相談拠点 札幌、仙台、宇都宮、埼玉、千葉、立川、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡 (本社・支社の所在地とアクセスマップ
設立 1977年11月
資本金 6億4335万円(2015年11月時点)
従業員数 3039名(2015年4月時点)
厚生労働大臣
許可番号
13-ユ-010258
プライバシー
マーク取得
あり 登録番号:10860003(07)
日本人材紹介
事業協会
加盟あり



リクルートエージェント





Copyright(c) GOLDENWAY.INFO. All Rights Reserved.